残業代・解雇

よくあるケース

  • 残業代が支払われないまま労働を続けてきた、残業代や未払いの賃金を回収したい。
  • 不当と思われる解雇を受けた。
  • 現状に何となく理不尽さを覚えるが、ブラック企業なのか判断できない。
  • 職場内でパワハラやセクハラを受けている。

当事務所が目指すポイント

使用者側に明らかな不法行為がある場合は、依頼者の費用を抑えるため、労働基準監督署などを利用した公的機関による解決のお手伝いをいたします。

ご自身のみの解決が難しそうであれば、そこで初めて受任をいたします。

 

我が国の労働環境においては、上記のような長時間労働、残業代不払い、不当解雇、パワハラ等職場における問題・トラブルは少なくありません。
問題解決の方法は複数あり(労基署、労働審判、訴訟等)、費用・証拠・タイミング等を考慮し、適切な方法によって問題を解決いたします。「勤務先の常識」が法律に違反しているかもしれません。まずはお話をお聞かせください。

有岡法律事務所 03-6300-4220
お悩みをお持ちの方は今すぐお問い合わせ下さい。03-6300-4220 事務所ブログ 解決事例 よくある質問