2015.01.30更新

 

有岡法律事務所

弁護士 古関俊祐

 

こんにちは。

先日、「一方的に婚約を破棄されたのだけど相手に何か請求できないか?」というご相談がございました。

                   

“婚約破棄”を根拠とした損害賠償請求は確かに可能ですが、認められるハードルは決して低いものではありません。

 

 たとえば、男女二人に果たして“婚約”があったのか?という問題は大いに争われることになるでしょう。

 単に男女が口約束で結婚の約束をしていただけでは“婚約”があったとされる可能性は少なく、たとえば「結婚式場の予約をしていた」、「二人で住むための新居の準備をした」とか、「結納をしていた」等の一般的な結婚に向けた準備の活動まで進んでいたことが必要になるでしょう。

 

 仮に“婚約”の事実があって、それを男女の片方が一方的に“破棄”したとしても、損害賠償の請求を受けている相手としては、「婚約の破棄には“正当な理由”がある!」と反論してくるでしょう。

 婚約破棄があったとしても、その破棄に“正当な理由”があれば損害賠償の支払いを認めないとする考えが裁判所にはあるようです。

 たとえば、「婚約したのに相手が浮気をしていたから破棄したんだ!」とか今後の結婚生活を始めるにあたって大きな障害となるような事情があったという反論をしてくるでしょう。

 

婚約破棄をされたからといって、直ちにお金の請求ができるとは限りません。

まずは、法律的にはどうなのか?をきちんと信頼できる法律家に相談してくださいね。

 婚約破棄に関する相談は有岡法律事務所までお問い合わせください

 

この記事に関するお問い合わせは、こちらまで

投稿者: 有岡法律事務所

有岡法律事務所 03-6300-4220
お悩みをお持ちの方は今すぐお問い合わせ下さい。03-6300-4220 事務所ブログ 解決事例 よくある質問